1. ホーム>
  2. 子育て・教育>
  3. 生涯学習>
  4. 子ども読書推進計画 

子育て・教育

子ども読書推進計画 

坂東市子ども読書活動推進計画を策定しました

本 豊かな読書活動を通して、子どもの表現力や思考力を高め、情操や創造力を豊かにし、人生をより深く生きることができる読書力を育成していくことを目的に、「坂東市子ども読書活動推進計画」を策定しました。今後この計画に沿って、市立図書館や小中学校など関係各課や教育機関などにおいて各種の読書活動を実施していきます。
この計画をより一層推進するには、ご家庭における読書への取り組みが大切です。ぜひ、ご家庭におきましては、お子様への絵本の読み聞かせや親子で読書などの取り組みをお願いいたします。市立図書館では、本の貸し出しだけでなく、本選びの相談や絵本の読み聞かせなどの各種のサービスやイベントを行っています。市立図書館を積極的に活用されまして、ご家庭における読書活動にお役立てください。
市民の皆様のご協力をお願いいたします。


計画の位置づけ

この計画は、「子ども読書活動の推進に関する法律」第4条及び第9条第2項に基づき、国の基本計画及び茨城県の推進計画を基本としつつ、坂東市における子どもの読書活動の推進に関する取り組みについて述べたものです。 この計画は、坂東市の家庭、地域、子どもの健やかな成長を願い支援するあらゆる人々や機関の連携と協力があってこそ、はじめて大きな力を発揮するものです。行政は、そのための連携や環境整備、支援を行っていきます。

●計画の対象
0歳からおおむね18歳までの子どもを対象とします。

●計画の期間
平成19年度から平成23年度までの5ヵ年間とします。

●主な取り組み
○家庭における読書活動推進のための取り組み
読書に親しむ子を育てる上で、家庭の果たす役割が大きいことは、いうまでもないでしょう。家族そろって市立図書館を活用されてはいかがでしょうか。

○地域における読書活動推進のための取り組み
地域での読書への取り組みも大切です。読み聞かせグループや本に関心のある方、子ども会などのネットワークを広げるとともに、楽しい読書活動を取り入れていく必要があります。

○幼稚園・保育所における読書活動のための取り組み
絵本や紙芝居の読み聞かせなど、小さな子どもたちが本と出会う機会を多く設けていきます。

○小・中学校における読書活動のための取り組み
児童期から青年期前期にかけて、読書の楽しみを知り本に親しむことは、その後の豊かな人生の大きな力となります。小・中学校では、生涯にわたっての読書生活の基礎となる読書力と読書習慣を培います。
また、放課後児童クラブにおいても読み聞かせなどを行います。

○生涯学習施設等における読書活動のための取り組み
岩井図書館、猿島図書館の二つの市立図書館では、乳児から高校生まで一貫した読書環境の提供を行っています。また、坂東市の読書活動の拠点として、幼稚園・保育所及び小・中・高等学校を支援していきます。
また、生涯学習課では、青少年を対象とした講座や学習等において、本に親しむ活動を推進していきます

計 画 書

坂東市子ども読書活動推進計画は、下記でご覧いただけます(PDFファイル)。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは指導課です。

市役所2階 〒306-0692 茨城県坂東岩井4365番地

電話番号:0297-35-2121/0280-88-0111(代) 0297-21-2205(直通)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る