1. ホーム>
  2. ふるさと応援寄附>
  3. 坂東市ふるさと応援寄附 - ふるさと納税とは -

ふるさと応援寄附

坂東市ふるさと応援寄附 - ふるさと納税とは -

『坂東ふるさと応援寄附トップ画像』の画像
  • 『坂東市ふるさと応援寄附ナビゲート_ふるさと応援寄附とは_現在地』の画像
  • 『坂東市ふるさと応援寄附ナビゲート_手続きのご案内』の画像
  • 『坂東市ふるさと応援寄附ナビゲート_寄附金控除』の画像
  • 『坂東市ふるさと応援寄附ナビゲート_贈呈品』の画像
ふるさと応援寄附とは
◯ふるさと応援寄附制度
ふるさと応援寄附制度は、生まれ故郷や自分が貢献したいと思う自治体に対して、個人が2千円を超える寄附(ふるさと納税)を行った場合、お住まいの自治体の住民税と所得税から一定の控除を受けることができる制度です。坂東市発展のために貢献したい、ふるさと坂東市を応援したいという思いをぜひお寄せください。

 ※ふるさと納税ワンストップ特例制度についてはこちら(寄附金控除)をご覧ください。


【平成27年度制度改正について】
改正(1) 控除限度額が2倍に拡充
 ふるさと納税を行う際、2,000円を除いた全額が控除される限度額である「ふるさと納税枠」が、約2倍に拡充されました。

平成27年1月1日以降のふるさと納税から対象となります。
※控除額は収入や控除のあり方により個人毎に異なりますので、詳しくはお住まいの市区町村課税担当部局にお問い合わせください。


改正(2) 「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の創設
 確定申告をする必要のない給与所得者等がふるさと納税を行った場合、確定申告を行わなくても、ふるさと納税についての寄附金控除が受けられる特例的な仕組み(ふるさと納税ワンストップ特例制度)が創設されました。
平成27年4月1日以降のふるさと納税から対象となります。
※本制度の適用を受けるには一定の条件を満たす必要があります。詳しくは以下のページをご覧ください。
ふるさと納税ポータルサイト|総務省
ふるさと納税制度の概要(PDF)|総務省 
◯寄附金の活用
皆様からいただいた寄附金は、「坂東市総合計画」に基づき、将来の目指すべき都市像『人と自然がおりなす 活力・安心・協働に満ちた 坂東市』の実現に向けた取り組みを進めていくための貴重な財源として活用させていただきます。
『坂東市ふるさと応援寄附_ふるさと応援寄附とは_1』の画像
地域の防災機能と防犯・交通安全機能を高め、誰もが心豊かに安心して暮らせるまちづくりを推進するとともに、地域基盤となる広域交通網の整備促進、都市拠点となる市街地の活性化を図ります。
『坂東市ふるさと応援寄附_ふるさと応援寄附とは_2』の画像
市民、団体、行政の連携を充実させ、地域で支え合う仕組みをつくることで、質の高い地域福祉を推進するとともに、高齢者や障がい者も含めた全ての人が共に安心して快適に暮らせる公共空間の整備と、安心して子どもを生み育てることができる環境・支援体制の整備を推進します。
『坂東市ふるさと応援寄附_ふるさと応援寄附とは_3』の画像
自然環境の保全・活用に努め、ごみの減量及び再資源化の実施や市民と一体となった啓発活動を行うとともに、衛生的な市民生活の確保、効率的なし尿処理体制の充実に努めます。
『坂東市ふるさと応援寄附_ふるさと応援寄附とは_4』の画像
農作物等の積極的なブランド化や災害に強い生産基盤整備を推進するとともに、活力ある工業の振興による雇用機会の拡大・安定と、魅力ある中心市街地の整備を促進します。
『坂東市ふるさと応援寄附_ふるさと応援寄附とは_5』の画像
市民の文化財に対する理解と郷土愛の高揚を図るとともに、人間性豊かで心身ともに健全な人間形成を目指し、関係機関、地域社会が一体となって社会環境、教育環境の整備・充実に努めます。
『坂東市ふるさと応援寄附_ふるさと応援寄附とは_6』の画像
市民・団体・地域間の多様な交流活動の支援・交流機会の拡大を図り、国際化時代にふさわしい人材の育成を図るとともに、行政情報の提供・公開を推進し、市民とともに進める行政、開かれた行政の推進、そして全ての市民が個性と能力を発揮して共に尊重し合うまちづくりを進めます。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画課 企画調整係です。

市役所3階 〒306-0692 茨城県坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-2121/0280-88-0111(代)内線1361/1362 ファックス番号:0297-35-8201

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る