1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 戸籍・住民登録>
  4. マイナンバー制度

くらし

マイナンバー制度

マイナンバーとは?

 

『番号制度(1)』の画像

 

マイナンバーの具体的な利用場面

 

『番号制度(2)』の画像

 

マイナンバーの受け取り・活用ポイント

 

『番号制度(3)』の画像

 

個人番号カードについて

 

『番号制度(4)』の画像

 

マイナンバー制度の安心・安全の仕組み

 

『番号制度(5)』の画像

 

マイナンバー法に基づく特定個人情報保護評価

◆特定個人情報保護評価とは 

  社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)における個人情報保護対策のひとつとして、特定個人情報ファイルを保有する地方自治体の長その他の機関が、個人のプライバシー等の権利利益・個人情報の適正な取扱いの観点から、特定個人情報に関する情報セキュリティリスクを分析し、事故などを未然に防ぐために行っている措置を評価し、宣言するものです。

◆特定個人情報保護評価の目的

 特定個人情報保護評価は、マイナンバー制度に関する懸念(国家による個人情報の一元管理、特定個人情報の不正追跡・突合、財産その他の被害等)を踏まえた制度上の保護措置の一つで、事前に対応することによる個人のプライバシー等の権利利益の侵害を未然に防ぐこと及び、国民・住民の信頼を確保することを目的としています。

◆特定個人情報保護評価の実施について

 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(番号法)において、特定個人情報ファイルを保有しようとする国や地方公共団体など全ての機関は、安全対策が十分に取られていることを確認するために特定個人情報保護評価の実施と特定個人情報保護評価書(評価書)の作成が義務付けられています。

◆特定個人情報保護評価の公表について

 市では、特定個人情報を取扱う事務について、評価書を作成し、国の機関である特定個人情報保護委員会に提出しました。
提出した評価書は本ホームページでダウンロード出来るほか、評価実施の担当課窓口及び情報公開コーナー等でも閲覧できます。

 評価書検索(特定個人情報保護委員会のホームページ)
 ※評価実施機関に「坂東市長」と入力して検索してください。

外部関連ページ

 特定個人情報保護委員会

 内閣官房

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課です。

市役所3階 〒306-0692 茨城県坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-2121/0280-88-0111(代)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る