1. ホーム>
  2. 産業>
  3. クリハラリスの調査について

産業

クリハラリスの調査について

クリハラリスの調査について

 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館では、神田山地区を中心にクリハラリスの調査および捕獲を行っています。

今後も生息分布確認調査を実施するにあたり、林内や敷地内へ立入作業をすることがあります。

つきましては、住民の皆様のご理解とご協力をいただきますようよろしくお願い申し上げます。

なお、リスを目撃しましたら、お手数でもご連絡いただければ幸いです。また、餌付けは、人慣れや農作物の味を覚えることによって農林水産業被害等を助長する恐れがありますので絶対にしないようお願いします。

 

【内容】

1.    音声再生試験や住民への聞き取り調査により生息分布確認を行う。

2.    捕獲用のワナを設置し捕獲を試みる。

 

 

クリハラリス

アジア全域に広く分布するクリハラリスの台湾固有亜種(タイワンリス)で体長は20センチほど。尻尾も同じくらいの長さ。日本では戦前から動物園などで飼育されていたが、1930年代に逃げたり放たれたりして野生化したと言われる。木の実や新芽、昆虫や野鳥の卵、樹皮など在来種より食性が幅広く、繁殖力も強い。2005年、国内の生態系や農作物に被害を及ぼす恐れのある「特定外来生物」に指定された。

 

 

お問い合わせ先               

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

Tel:0297-38-2000(代表)

Fax:0297-38-1999

坂東市役所産業経済部農業政策課

Tel:0297-35-2121(代表)内線1293

Fax:0297-20-8025

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農業政策課 農業振興係です。

市役所2階 〒306-0692 坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-2121/0280-88-0111(代) 0297-21-2194(直通)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る