1. ホーム>
  2. 産業>
  3. 坂東市での有害鳥獣捕獲実績について

産業

坂東市での有害鳥獣捕獲実績について

坂東市では、農作物被害及び環境被害の軽減を目的に有害鳥獣の捕獲を行っています。

本ページでは、今年度の有害鳥獣捕獲実績について、捕獲数等をお知らせいたします。被害等でお困りの方は、「有害鳥獣(アライグマ等)でお困りの皆さんへ」よりご確認ください。

 

No.1 アライグマ

 近年の実績では、対象鳥獣の中で捕獲数が最も多い種です。野菜から果物まで多様の品目で多くの被害が出ていることから、早急な対応が求められています。

 

平成30年度捕獲実績(12/28更新) 計337頭         

4月:43頭  7月:43頭  10月:39頭              

5月:71頭  8月:32頭  11月:16頭

6月:48頭  9月:35頭  12月:10頭

 

No.2 ハクビシン

 主な被害は果物が多く、平成29年度から捕獲を始めた種です。今後、被害等が増加することが予想されることから、個体数の調整に努める必要があります。

 

平成30年度捕獲実績(12/28更新) 計41頭

4月:13頭  7月:1頭  10月:5頭

5月:9頭   8月:2頭  11月:2頭

6月;6頭   9月:2頭  12月:1頭

 

No.3 カラス

 農業被害、環境被害、生活被害など様々な被害報告がある種です。主な捕獲は銃器を用い、猟友会坂東支部の協力のもと、年2回捕獲活動を行っています。

 

平成30年度捕獲実績 計242羽

5月13日:118羽

6月 3日:124羽

 

No.4 イノシシ

 平成29年7月より、目撃情報が多発し、現在でも確認できている個体だけで3頭生息しています。被害等は微々たるものですが、今後は被害の拡大や人身被害が予想されることから、早急な捕獲が必要です。

H29.9.12  オス  70cm  30kg

H30.2. 9  メス 100cm  40kg

H30.3. 8  オス 120cm  80kg

H30.4.26  メス 115cm  53kg 7頭の胎児有り

H30.5.12  オス 125cm 100kg

H30.5.31  オス  75cm  40kg

H30.8.13  オス  85cm  30kg

 

※体重は推定

 

【お願い】

 ・柿などの収穫後の残りは、有害鳥獣の餌場となります。近づけない、寄せ付けないためにも適正な処理をお願いします。

【お知らせ】

 ・平成30年10月に箱わな(アライグマ・ハクビシン用)20台追加導入し、計70台体制で捕獲活動を行っています。

 ・現在、坂東市をモデル地区としたアライグマの実態調査を行っております。茨城県の委託業者による痕跡調査や聞き込み、調査データをもとにした有識者とのヒアリング等を実施し、坂東市内及び近隣市町との境界付近での被害や生息数、今後の対策方針等を具体的に示すのが目的です。また、3月には市民の皆様への報告会も実施する予定です。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農業政策課です。

市役所2階 〒306-0692 坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-2121/0280-88-0111(代)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る