1. ホーム>
  2. 坂東郷土館ミューズ>
  3. 特別展「二世五姓田芳柳が描いた激動の幕末・明治」の図録を販売しています

坂東郷土館ミューズ

特別展「二世五姓田芳柳が描いた激動の幕末・明治」の図録を販売しています

特別展「明治150年 二世五姓田芳柳が描いた激動の幕末・明治」の開催にあたり、初公開となる「明治天皇紀附図稿本」(慈徳山萬蔵院所蔵 巻子本全4巻)を展覧会図録として刊行しました。二世五姓田芳柳の筆によって描かれた幕末、明治をご覧ください。

『明治天皇紀附図稿本図録表紙』の画像
 価格 1000円 (A4判 横 124頁) お求めはお早めに
初公開となる「明治天皇紀附図稿本」全4巻(慈徳山萬蔵院所蔵)に所収されている全81図とともに、各図の解説や論考、関連資料を収録しています。
稿本とは本画を描くための下絵のことで、画面には修正や書き込みがあり、二世五姓田芳柳が考証を重ね、附図完成に至る過程を知ることができる貴重な資料です。日本近代史や美術研究の資料としても価値のあるものです。


【展覧会について】
 明治150年 ミューズ特別展

  二世五姓田芳柳が描いた激動の幕末・明治 
    特別公開 萬蔵院寺宝「明治天皇紀附図稿本(全四巻)」
 会 期  平成30年10月27日(土)~平成31年1月14日(月)
 会 場  坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)
 開館時間 平  日  AM10:00~PM6:30
      土・日・祝 AM10:00~PM5:00
 休館日  月曜日(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日
      年末年始(12/28~1/4)
 入場料  無 料
特別展の詳細はこちらをクリックしてください → 『H30五姓田展バナー』の画像

『二世五姓田芳柳肖像』の画像
二世 五姓田芳柳(ごせだ ほうりゅう)[1864-1943]
 二世五姓田芳柳は、元治元年(1864)、現在の坂東市沓掛に生まれ、数え15歳の時に上京し、当時まだ一般化していなかった洋画を画塾「五姓田塾」で学びました。類まれな画才が認められ、若くして同塾を継承し、日本初の洋画美術団体「明治美術会」の創立にも参加、展覧会への出品のほかジオラマやパノラマ画も制作しました。歴史画、風景画、風俗画、肖像画などに和洋両画法を見事に融合させ、明治・大正・昭和の三代にわたって幅広い画業を展開、数多くの秀作を残しました。
 明治天皇が崩御されてからは、その遺徳を称える事績画の制作に心血を注ぎ、4年余りの歳月をかけて明治神宮聖徳記念絵画館壁画の画題考証図 全80図を制作し、うち油彩で描いた大作『枢密院憲法会議』を奉納、昭和8年(1933)には御物『明治天皇紀附図(全81葉)』を完成させています。
 特別展では、附図の完成に至るまでの考証過程を知ることができる貴重な稿本(慈徳山萬蔵院所蔵 下絵 巻子本 全4巻)を初公開し、二世芳柳の作品を通して激動の幕末・明治を紹介します。


【書籍の内容】


目次

 発刊にあたって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

 第一巻 第一図~第二〇図・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11                   
 第二巻 第二一図~第四〇図・・・・・・・・・・・・・・・・・・33                
 第三巻 第四一図~第六〇図・・・・・・・・・・・・・・・・・・55                
 第四巻 第六一図~第八一図・・・・・・・・・・・・・・・・・・77

【資料編】
〈論考〉
 永遠なる明治 ―二世五姓田芳柳の願い―
         角田拓朗(神奈川県立歴史博物館 主任学芸員)・・・100
〈参考資料〉
 明治神宮聖徳記念絵画館下画構想スケッチブック・・・・・・・・・110
 明治天皇略年譜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・117


【H26年度図録も好評発売中】
平成26年度に開催した特別展「二世 五姓田芳柳 ~その知られざる画業~」の図録も好評販売中です。

『五姓田展図録』の画像
定価1500円 [A4版 184ページ フルカラー]
展覧会で展示紹介した二世五姓田芳柳の作品・関連資料をを多数収録しています。
図録の詳細はこちらをクリックしてください → 図録紹介ページ

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは資料館です。

〒306-0502 茨城県坂東市山2726番地 

電話番号:0297-44-0055又は0280-88-8700

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る