10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ~新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について~

 ファイザー社とモデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されています。特に10代・20代の男性の2回目の接種後4日程度の間に多い傾向があります。

引き続きワクチンの接種をご検討ください

  • 新型コロナウイルス感染症に感染した場合にも、心筋炎・心膜炎になることがあります。感染症による心筋炎・心膜炎の頻度に比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことがわかっています。
  • 新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことを確認して、皆さまに接種をおすすめしています。しかしながら、ワクチン接種は、あくまでご本人の意思に基づき受けていただくものです。ご本人または保護者の方が納得した上で、接種をご判断ください。

ファイザー社のワクチンの接種も選択できます

  • 10代・20代の男性では、モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンのほうが、心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられました。
  • モデルナ社のワクチンを予約中の方も、モデルナ社のワクチンを1回目にすでに接種した方も、ファイザー社のワクチンを希望する場合は、ファイザー社のワクチンを受けられます。
  • なお、ご本人または保護者が希望する場合には、モデルナ社のワクチンを受けることもできます。

ワクチン接種後4日程度の間に症状がみられる場合は、速やかに医療機関を受診してください

 ワクチン接種後4日程度の間に胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。

  • こうした症状は、心筋炎・心膜炎の典型的な症状です。ただし、そのほかの原因でもこれらの症状となることがあります。医師の診察を受けましょう。
  • 心筋炎・心膜炎と診断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します。

Q&A

Q:10代・20代の男性以外でも、ファイザー社ワクチンよりもモデルナ社ワクチンの方が心筋炎・心膜炎が多いのでしょうか。

A:令和4年7月8日時点における解析では、1・2回目接種後と同様に3回目接種後についても、10代・20代男性以外の報告頻度はワクチン間に差はありません。最新の値や他の年代、性別の報告頻度は、厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。

Q:若い人は3回目接種をしない方がよいのでしょうか。

A:そうではありません。新型コロナワクチンの効果は、1・2回目接種後に時間とともに低下していきますが、3回目を接種することにより新型コロナウイルスに対する感染予防効果、発症予防効果や入院予防効果が回復します。若い人への感染の増加が懸念されているため、引き続き若い人に対しても3回目接種をおすすめしています。

 

参考:厚生労働省作成「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について」(令和4年8月8日版)(PDFファイル)

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

関連リンク

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A

厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A 「ワクチンを接種すると心筋炎や心膜炎になる人がいるというのは本当ですか。」

厚生労働省 新型コロナワクチンの有効性・安全性について 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせ先は新型コロナワクチン対策室です。

市役所1階 〒306-0692 茨城県坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-21-7111(直通)内線1151・1837・1839・1840・1953 ファクス番号:0297-35-9822

メールでのお問い合わせはこちら