1. ホーム>
  2. 産業>
  3. 農業>
  4. 農業委員会>
  5. 国が支える農業者年金に加入しませんか?

産業

国が支える農業者年金に加入しませんか?

農業者のための公的な積立方式年金

 農業者年金は、農業者の皆さんの老後生活の安定を図ることなどを目的とし、農業者だけが加入でき、国が支える農業者のための年金です。
 農業者年金は、国民年金(基礎年金)の上乗せの年金で、サラリーマンの厚生年金に該当する位置づけとなっており、将来の年金受給に必要な原資をあらかじめ自分で積み立て、保険料と運用益により受給額が決まる積立方式の年金です。加入者・受給者の数に左右されにくい、安定した公的な年金制度です。

農業者年金の6つのポイント

(1)農業者年金の加入資格
 1.国民年金の第1号被保険者。(保険料免除者は除く。)

 2.年間60日以上の農業従事者。
 3.20歳から60歳未満の者。
 ※農地を所有していない方や、配偶者や後継者などの家族従事者も加入できます。

(2)少子高齢化時代に強い積立方式年金
 1.
自らが納めた保険料と運用益に応じて、受け取る積立方式年金です。
 2.
加入者・受給者の数が変化しても、影響を受けません。

(3)保険料の額は自由に選択
 1.
毎月2万円から6万7千円の1千円単位で、保険料を自由に選択できます。

 2.経済的な状況や老後設計などに応じて、保険料を自由に設定でき、かつ、いつでも見直すことができます。

(4)終身年金で80歳までの保証付き
 1.
原則65歳から終身です。(60歳まで給付開始を繰り上げ可能です。)
 2.
仮に、加入者や受給者が80歳になる前に亡くなった場合でも、死亡した月の翌月から80歳までに受け取れるはずであった、農業者老齢年金の
現在価値に相当する額が、死亡一時金として遺族に支給されます。

(5)支払った保険料全額が社会保険料控除の対象
 1.
保険料全額(年間12万円~80万4千円)が、社会保険料控除の対象となり、所得税・住民税の節税につながります。

 2.将来受け取る農業者年金も、公的年金等控除の対象となります。

(6)農業の担い手には、手厚い政策支援(保険料の国庫補助)
 1.
認定農業者など、一定の要件を満たす担い手には、国から月額最高1万円の補助を受けることができます。

政 策 支 援 対 象 者

国庫補助額(円)
自己負担額(円)

政策支援区分

必 要 な 要 件

35歳未満             

35歳以上

区 分 1

 認定農業者で青色申告者

10,000
10,000

 6,000
14,000

区 分 2

 認定就農者で青色申告者

区 分 3

 区分1または2の者と家族経営協定を締結し、経営に参画している配偶者または後継者

区 分 4

 認定農業者または青色申告者のいずれか一方を満たす者で、3年以内に両方を満たすことを約束した者

 6,000
14,000

 4,000
16,000

区 分 5

 35歳(25歳未満の者は10年以内)までに、認定農業者になることを約束した者

 

関連リンク

 独立行政法人 農業者年金基金ホームページ

 

お問合せ・お申し込みは、最寄りJAまたは坂東市農業委員会事務局にお尋ねください。 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農業委員会事務局 振興企画係です。

市役所2階 〒306-0692 茨城県坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-2121/0280-88-0111(代) 0297-21-2206(直通) ファックス番号:0297-20-8025

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る