1. ホーム>
  2. くらし>
  3. 福祉・保健>
  4. 国民健康保険>
  5. 国民健康保険からのお知らせ>
  6. 医療費通知が医療費控除で使用できるようになります

くらし

医療費通知が医療費控除で使用できるようになります

 

    医療費通知が医療費控除で使用できるようになります

 

 平成30年1月1日(平成29年度申告分)から医療費控除を申告する際は、従来どおりの医療費の領収書に代えて、医療費通知を添付することが出来るようになりました。

国民健康保険の方の医療費通知は、5月通知(11~12月診療)・7月通知(1~2月診療)・9月通知(3~4月診療)・11月通知(5~6月診療)・1月通知(7~8月診療)・3月通知(9~10月診療)の6回行う予定ですので、大切に保管しておいてください。

 なお、10月~12月診療分の医療費通知は5月となります。確定申告時期には間に合いませんので、通知できない月分については、領収書に基づいて作成した医療費控除の明細書を申告書に添付していただきますよう予めご了承ください。

 

 ※1 医療費控除の申告に係る医療費等の領収書については、確定申告期限等から5年間保存する必要があります。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは保険年金課です。

市役所1階 〒306-0692 茨城県坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-2121/0280-88-0111(代) 0297-21-2187(直通)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る