○坂東市総合行政ネットワークシステム文書取扱要綱

平成17年3月22日

訓令第12号

(趣旨)

第1条 この訓令は、総合行政ネットワークシステム文書に係る取扱いについて、坂東市文書管理規程(平成17年坂東市訓令第6号。以下「文書管理規程」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 電子署名 電子計算機による情報処理の用に供される電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。以下同じ。)に記録することができる情報について行われる措置であって、次の要件のいずれにも該当するものをいう。

 当該情報が当該措置を行った者の作成に係るものであることを示すためのものであること。

 当該情報について改変が行われていないかどうかを確認することができるものであること。

(2) 総合行政ネットワークシステム文書 総合行政ネットワークの電子文書交換システムにより交換される電磁的記録のうち、電子署名が行われている電磁的記録をいう。

2 前項に定めるもののほか、この訓令の用語の意義は、文書管理規程の定めるところによる。

(総合行政ネットワークシステム文書の受信等)

第3条 総合行政ネットワークシステム文書は、総務課長が受信するものとする。

2 総務課長は、受信した総合行政ネットワークシステム文書に電子署名が行われていることを確認後、当該総合行政ネットワークシステム文書を用紙に出力し、当該確認の日付をもって電子署名確認済印(様式第1号)を押印し、直ちに主管課に配布するものとする。

(起案用紙への表示)

第4条 総合行政ネットワークシステム文書として施行する文書を含む起案文書については、起案用紙の先方の住所・氏名右下欄に「LGWAN文書」と朱書きするものとする。

(総合行政ネットワークシステム文書の施行)

第5条 総合行政ネットワークシステム文書は、総務課において送信して施行するものとする。

2 主管課は、総合行政ネットワークシステム文書を送信しようとする場合には、電子署名を行おうとする電磁的記録を記録した記録媒体(電子メールを含む。)を原議書とともに総務課に提出するものとする。

3 総務課長は、前項の電磁的記録に電子署名を行い、送信した後、同項の原議書に当該送信した日付をもって電子署名付送信印(様式第2号)を押印するものとする。

4 施行する総合行政ネットワークシステム文書の日付は、送信日とする。

附 則

この訓令は、平成17年3月22日から施行する。

画像

画像

坂東市総合行政ネットワークシステム文書取扱要綱

平成17年3月22日 訓令第12号

(平成17年3月22日施行)