1. ホーム>
  2. 子育て・教育>
  3. お知らせ -子育て・教育->
  4. 異なるワクチンの接種間隔が変更になります

子育て・教育

異なるワクチンの接種間隔が変更になります

令和2年10月1日より、異なるワクチン間の接種間隔の制限が、一部変更されます。

従来、異なるワクチンの接種間隔は、生ワクチン接種後が27日以上、不活化ワクチン接種後が6日以上空けるように定められてきました。
しかし、令和2年10月1日以降より「注射生ワクチン同士のみ27日以上あける」こととし、その他の接種間隔規定は撤廃されることになりました。ただし、同一ワクチンを複数回する場合の接種間隔は従来通りです。

 『『接種間隔』の画像』の画像『『接種間隔2』の画像』の画像『接種間隔ポスター』の画像

 ↑クリックすると詳しくご覧いただけます                              ↑下記にPDFデータがありますのでご覧ください

各ワクチンの分類

  • 注射生ワクチン・・・BCG、麻しん風しん混合、水痘、おたふくかぜ
  • 経口生ワクチン・・・ロタウイルス
  • 不活化ワクチン・・・B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、日本脳炎、四種混合、二種混合、子宮頸がん、インフルエンザ

 

 

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり推進課です。

市役所1階 〒306-0692 坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-3121(直通)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る