1. ホーム>
  2. 子育て・教育>
  3. お知らせ -子育て・教育->
  4. 民法改正による成年年齢引き下げ後の坂東市の成人式について

子育て・教育

民法改正による成年年齢引き下げ後の坂東市の成人式について

1 背景

 平成30年6月20日に公布された改正民法により、令和4年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられることになりました。

 現在、坂東市では、「新成人の船出を祝福するとともに、成人としての意識の高揚と自覚を促す」ことを目的として、成人の日の前日(日曜日)に「成人フェスティバル」を開催しています。

 成人式の在り方については、各自治体の判断に委ねられており、民法改正により必然的に成人式の対象年齢が18歳に引き下げられるものではありませんが、成年年齢引下げに伴い、成人式の対象年齢について検討する必要が生じました。

 

2 坂東市の対応

 坂東市では、成年年齢引下げ後の令和4年度以降に開催する成人式の対象年齢は、これまでと同様に20歳(年度中に20歳に達する方)とします。

 実施時期については、成人の日を含めた3連休中のいずれかの日とします。

 なお、式典の名称については、混乱を避けるため「成人」を使用しない名称に変更する予定です(例:はたちの集い )。

 

3 対象年齢を20歳とする主な理由

 成人式の対象年齢を18歳とした場合、受験や就職などと時期が重なり、多くの新成人が参加困難になることや、年齢引下げ後の最初の成人式では、対象者が18歳から20歳までの3学年となり、開催方法などに課題が生じます。

 令和2年8月3日から19日まで、坂東市において実施したアンケート調査の結果では、対象年齢を「20歳のまま」との回答が86.7%でした(回答数203件中「20歳のまま」が176件)。

 その他、国や他市町村の状況をふまえて検討をした結果、成年年齢引下げ後も、成人式の対象年齢については20歳とすることで決定しました。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

市役所2階 〒306-0692 茨城県坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-2121/0280-88-0111(代) 0297-21-2204(直通) ファックス番号:0297-36-3637

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る