1. ホーム>
  2. 子育て・教育>
  3. 予防接種>
  4. 子宮頸がんワクチン予防接種について

子育て・教育

子宮頸がんワクチン予防接種について

 子宮頸がんワクチン予防接種は、平成25年4月1日から予防接種法に基づく定期接種として実施されていますが、予防接種後にワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛(痛み・うずき)などの多様な症状の報告があったことから、平成25年6月14日以降、国からの勧告に基づき、本市においても積極的な接種の勧奨を差し控えています。

 なお、定期接種を中止するものではないため、対象年齢の方が接種を希望する場合は、従来どおり公費負担で接種が可能です。

接種をご希望の方は、健康づくり推進課までお問い合わせください。

対象者

小学6年生~高校1年生相当の年齢の女子
(標準的な接種時期:中学1年生相当の年齢)

接種回数

3回

標準的な接種スケジュール

 2種類のワクチン(2価:サーバリックス・4価:ガーダシル)があります。
 どちらかのワクチンを使用し、3回とも同じワクチンで接種してください。接種途中でのワクチン種類の変更は、安全性・有効性が不明のためできません。

商品名 標準的な接種期間 やむを得ず接種間隔の
変更が必要な場合
サーバリックス
(2価ワクチン)

1か月の間隔をおいて2回接種後、
1回目の接種から6か月の間隔をお
いて1回接種。

1か月以上の間隔をおいて2回接種後、
1回目から5か月以上、かつ2回目から
2か月半以上の間隔をおいて1回接種。

ガーダシル
(4価ワクチン)

2か月の間隔をおいて2回接種後、
1回目の接種から6か月の間隔をお
いて1回接種。

1か月以上の間隔をおいて2回接種後、
2回目の接種から3か月以上の間隔をお
いて1回接種。

 

🌸予防接種を検討している方へ 参考にご覧ください (厚生労働省より)

         「子宮頸がんワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ」

         「子宮頸がんワクチンを受けるお子様と保護者の方へ」

         「小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版)」

         「小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版)」 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり推進課です。

市役所1階 〒306-0692 坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-3121(直通)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る