1. ホーム>
  2. 子育て・教育>
  3. 予防接種>
  4. 骨髄移植等の予防接種の再接種費用助成について

子育て・教育

骨髄移植等の予防接種の再接種費用助成について

 骨髄移植等により、定期予防接種の免疫が低下または消失し、再接種を受ける必要があると医師に判断された方を対象に再接種の費用の一部を助成します。
 再接種の助成を受けるためには事前の手続きが必要となりますので、希望される方は健康づくり推進課までお問い合わせください。

対象者

 次に掲げる要件のすべてに該当する方

・再接種を実施する日において、坂東市の住民基本台帳に記載されている方
・骨髄移植等の医療行為により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断されている方。
・接種済みの予防接種の接種回数及び接種間隔が、予防接種実施規則(昭和33年厚生省令第27号)の規定によるものであること

助成の対象となる予防接種

・骨髄移植等の医療行為前に接種した、定期予防接種A類のワクチン。ただし、ロタウイルス、BCGは除く。
 ※定期予防接種A類のワクチン・・・ヒブ、小児用肺炎球菌、B型肝炎、4種混合、2種混合、麻しん風しん
                  水痘(水ぼうそう)、日本脳炎、子宮頚がん

・再接種日に20歳未満であること。ただし、予防接種の種類によって接種対象年齢の上限あり。
  (小児用肺炎球菌:6歳未満、ヒブ:10歳未満、4種混合:15歳未満)

助成金額について

 各年度の坂東市が定める予防接種料金と医療機関が定めた接種費用のいずれか低い額。
 助成金の額を超えた場合は、自己負担となります。

手続き方法

 1.予防接種を受ける前に健康づくり推進課にご相談ください。

 2.健康づくり推進課より、制度の詳細を案内いたします。
  ・予防接種履歴の確認
  ・今後の助成手続きと必要書類について説明
  ・再接種実施医療機関(契約医療機関)の確認と調整

 3.助成対象認定の申請の手続き
 〈提出書類〉
  ・骨髄移植等の医療行為に係る任意予防接種費用助成申請書
  ・母子健康手帳(予防接種履歴が確認できるページ)の写し

 4.助成対象認定
  申請書を確認し、助成対象であると決定した場合は市より「決定通知書」と「予診票」を発行します。

 5.再接種
  申請された医療機関で、再接種を受けて下さい。
  詳しくは健康づくり推進課までお問い合わせください。

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり推進課です。

市役所1階 〒306-0692 坂東市岩井4365番地

電話番号:0297-35-3121(直通)

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る