1. ホーム>
  2. 坂東郷土館ミューズ>
  3. ミューズ企画展「筆墨を友として 書家・横島青江遺作展」を開催しました

坂東郷土館ミューズ

ミューズ企画展「筆墨を友として 書家・横島青江遺作展」を開催しました

 ミューズ企画展 
 「筆墨を友として - 書家・横島遺作展」
    『横島青江展チラシ』の画像

 昨年10月に逝去した坂東市長谷の書家・横島昇氏(号・青江)は、「茨城書道一元會」の創設に参画以来、会の中心メンバーとして活躍する一方、書道誌「活法」の課題手本揮毫や公民館書道教室講師を務めるなど書道の普及・発達と後進の指導に尽力されました。
 展覧会では、筆と墨が織りなす筆勢と筆意に満ちた書作品の数々を展示しました。

【 開 館 】 平成28年7月9日(土)~8月31日(水)
【 開館時間 】 平日=午前10時~午後6時30分/=午前10時~午後5時
        夏休み期間=午前10時~午後6時30分(祝日も含む)
【 休館日 】 月曜日(祝日の場合はその翌日)祝日の翌日※祝日は開館しています
【 入館料 】 無料

 

 

 

 

 

 

※8月11日(木・祝)より、一部展示替えを行いました

企画展チラシのPDFはこちらをクリックしてください → 企画展チラシ(PDF)

 

【展覧会の様子】
『横島展 観覧1』の画像 『『『『横島展 観覧2』の画像』の画像』の画像』の画像

『『横島展 観覧4』の画像』の画像 『『『『横島展 観覧3』の画像』の画像』の画像』の画像

『『『横島展 観覧5』の画像』の画像』の画像 
『『『青友会』の画像』の画像』の画像

横島青江氏の書道教室で指導を受けた方や書道活法會・青友会関係者など、市内外から書道愛好者
が多数来館しています。

 

【書家・横島昇(号・青江)氏】
『横島青江氏 肖像』の画像   『青江略歴』の画像
   横島 昇(よこしま のぼる 1935‐2015)
 


【写真で見る横島青江氏】
『書道仲間とともに』の画像 『自宅の書道教室』の画像
   書道仲間とともに 左から2番目:茨城書道一元會 麻生六華会長        自宅で開いていた書道教室(昭和40年ころ)
               3番目:横島 昇(号・青江)氏

『第20回茨城書道一元会展』の画像  『茨城書道一元会研修旅行』の画像

     出品作品前にて(二十周年記念 茨城書道一元會展覧会場)          茨城一元會研修旅行先でのスナップ(宮沢賢治記念館)


【書作品】

『春風秋霜』の画像
                   
「春風秋霜」

   『西田幾多郎(人の世の)』の画像        『人生感意気』の画像     
     「西田幾多郎歌(人の世の)」       「人生感意気」  

   『和光同塵』の画像      『南山寿』の画像
       「和光同塵」               「南山寿」 


     『雨ニモマケズ』の画像
                 
 「宮沢賢治詩(雨ニモマケズ)」

 
【揮毫の碑】

『富士見の馬場の碑』の画像 『富士見の馬場の碑(裏)』の画像
      ▲富士見の馬場 史跡碑
(坂東市岩井)   ▲裏側には「青江書」と刻まれている。

『子守記念碑』の画像 『中川小学校』の画像
     ▲子守学校跡記念碑
(坂東市小山)
               ▲中川小学校開校 百周年記念碑(坂東市小山)

【展示会場】
『展示1』の画像 『展示2』の画像
 
    約100点(一部展示替えを含む)の書作品を紹介いたします。
『展示4』の画像 『展示3』の画像
  横島青江が関わった会報誌や愛用の文房四宝(筆・墨・硯・紙)なども展示しています。

『『解説1』の画像』の画像     『解説2』の画像
鑑賞の手引きとも言えるキャプション(解説)には、原文と読み下し文、意訳が記載してあります

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは資料館です。

〒306-0502 茨城県坂東市山2726番地 

電話番号:0297-44-0055又は0280-88-8700

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る