1. ホーム>
  2. 坂東郷土館ミューズ>
  3. ミューズ特別展「孤高の画人・粛粲寶作品展」を開催しました

坂東郷土館ミューズ

ミューズ特別展「孤高の画人・粛粲寶作品展」を開催しました

たくさんのご来場、ありがとうございました
開館20周年記念特別展

 「孤高の画人・粛粲寶作品展」
『『特別展粛粲寶ポスター』の画像』の画像
郷土館ミューズ開館20周年を記念し、花鳥風月や人物画などを題材に、おおらかで文人画調の独自の作品を残した画家・粛 粲寶(しゅく さんぽう)の展覧会を開催しました。
※会期中、作品の入替えを行います。

会 場      坂東郷土館ミューズ(坂東市立資料館)
会 期      2月25日(土)~5月28日(日)
休館日     月曜日、祝日の翌日(※祝日は開館) 
開館時間  平日:午前10時~午後6時30分/土日祝:午前10時~午後5時
※入場無料

【アクセスが向上しました】
首都圏中央連絡自動車道(圏央道)が開通し、坂東ICより車で約10分で郷土館ミューズへ来館できるようになりました。
この機会にぜひ、展覧会へご来場ください。

特別展チラシ
『粛粲寶チラシ表02』の画像
『粛粲寶チラシ裏』の画像
チラシのダウンロードはこちら → 【チラシPDF】 
 ※会場で配布しているチラシの形でご覧になりたい方は、A3サイズで両面印刷し両端折り(観音折り)をしてください

特別展図録 好評につき完売しました
『『粛粲寶展図録表紙』の画像』の画像
会場に展示している作品のほか、粛粲寶の作品約300点を掲載しています。
価格1000円(完売)
※特別展図録は、ご好評をいただき完売となりました。
 多くのお客様にお求めいただきまして、誠に有り難うございました。



天衣無縫、変幻自在の画法で独自の画境を極めた画家

『粛粲寶肖像』の画像
粛 粲寶(しゅく さんぽう 1902-1994)
粛 粲寶(本名 水島太一郎)は、明治35年(1902)新潟市に生まれた。大正7年(1918)に上京し、働きながら大倉商業高校(現・東京経済大学)に学ぶ。大正11年洋画家・黒田清輝が主宰する葵橋洋画研究所に入所。昭和4年(1929)帝展、昭和5年院展に初入選。さらに昭和6年帝展に入選し、この頃より同郷の日本画家・小林古径に師事する。昭和8年頃より一度絵から離れて奈良の古寺での寄食生活をするが、昭和12年再び作家活動に入り、以降個展を中心に作品を発表し、没するまで60年近く画業一筋の人生を送る。平成元年(1989)東京から茨城県境町に転居し、平成6年に死去した。


【展示作品】
今回の展覧会では、粛粲寶の初期から晩年までの作品を幅広く展示し、その画業を概観しました。

 ※会期中、作品の入れ替えを行いました。
『雷神』の画像 『風神』の画像 
          雷神                              風神
『多福多寿多男子図』の画像 『赤不動』の画像
  多福多寿多男子図                 赤不動
『漁樵閑談』の画像 『雙魚図』の画像 『蓬莱仙境図』の画像
     漁樵閑談                  雙魚図                   蓬莱仙境図
『『仙童嘻笑』の画像』の画像
                        仙童嘻笑
『菜果』の画像
                                            菜果
『『『『蓬莱仙丘』の画像』の画像』の画像』の画像 『『瑞果爽々』の画像』の画像
                     蓬莱仙丘                                                 瑞果爽々
【貴重な初期作品も展示しています】
『『自画像』の画像』の画像 『『『魚狗図』の画像』の画像』の画像
                自画像                                     魚狗図      
『『『林道』の画像』の画像』の画像 『『『ぶどう図』の画像』の画像』の画像
                        林道                                               ぶどう図


【関連イベント】ギャラリートークを開催しました
『粛粲寶ギャラリートーク01』の画像『粛粲寶ギャラリートーク02』の画像
粛粲寶の弟子である中山正男氏(雅号:青空子 茨城県境町在住)によるギャラリートークを開催しました。
展示作品の解説や師・粛粲寶の思い出、エピソードなどをお話しいただきました。会場に集まったたくさんの人たちは、わかりやすい作品解説やお弟子さんならではのエピソードに聞き入っていました。
【日時】5月21日(日) 午後1時~、午後4時~

展示作品の一部を入れ替え、後期展示を実施
『展示替え01』の画像『展示替え02』の画像

一部展示作品の入れ替えを行いました。掛け軸作品や額装作品を入れ替えたほか、大きさ2メートルの大作2点や色鮮やかな団扇絵、十二支が描かれた絵馬なども追加展示しました。
『展示替え03』の画像『展示替え04』の画像
会場に展示されていた掛け軸や額装作品を数多く入れ替えたほか、2mの大作も追加展示しました。
『展示替え06』の画像『展示替え07』の画像
色鮮やかな団扇絵やユーモラスな干支を描いた絵馬など、新たな作品を見ることができます。
『展示替え08』の画像
初期作品の一部も入れ替ました。

さまざまな作品が展示された展覧会場
『展示風景01』の画像『展示風景03』の画像
『展示風景05』の画像『展示風景06』の画像
粛粲寶作品や関連資料を約250点展示し、また、会期中作品の入れ替えを行いました。
『展示風景04』の画像
「粛粲寶」の画号を使用する以前の、若い頃の貴重な初期作品も多数展示しました。
『展示風景02』の画像
粛粲寶が使用した落款・遊印や筆、硯、墨などの関連資料も多数展示しました。

会場の様子
『展示室10』の画像『展示室02』の画像
『展示室03』の画像『展示室07』の画像
『『展示室06』の画像』の画像『展示室08』の画像
『展示室09』の画像『展示室13』の画像
『展示室11』の画像『展示室12』の画像
『展示室17』の画像『展示室14』の画像
『展示室15』の画像『展示室16』の画像
どの会派にも属さず「孤高の画家」と呼ばれ、独特の画風で人気を博した画家・粛粲寶の作品が一度に見られる展覧会となりました。
展示された数多くの作品は、会場を訪れた人たちの心を魅了し、日々新たな粛粲寶ファンが誕生しました。坂東市周辺地域だけでなく、東京、そして粛粲寶の故郷・新潟などからも大勢の方が来館しました。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは資料館です。

〒306-0502 茨城県坂東市山2726番地 

電話番号:0297-44-0055又は0280-88-8700

メールでのお問い合わせはこちら
スマートフォン用ページで見る